「狩猟」のラストシーン辺りを意識して。
味覚が人間寄りになってきた執事に、救いを見出してしまいそうになる、そんな瞬間を。


…と思ったけれど、「悪魔は人間に害なす物が大好きですので」